美肌のためによい睡眠とは?

 昔から睡眠不足はお肌の敵と言われていますが、十分に睡眠をとった場合と睡眠不足の場合の肌を比較すると、睡眠不足の場合は小じわや毛穴の目立つ状態となるとの報告があり、言葉だけでなくお肌のトラブルにつながります。


睡眠に大切なポイントは、睡眠時間自律神経のコントロール深部体温のコントロールの三つになります。


睡眠時間

全身のリカバリー・メンテナンスを行うために重要なのが睡眠時間の確保です。

「余った時間で寝る」ではなく、積極的に睡眠の時間をつくることが大切です。


自律神経のコントロール

交感神経と副交感神経の切り替えは、本来は自然とスイッチが切り替わります。

しかし、現代では、長時間の労働や疲労、光の刺激、ストレスなどにより交感神経の切り替えが難しい環境になっています。

夜、副交感神経を優位にし、良質な睡眠をとるため、日中にしっかり交感神経を働かせることが大切になります。


深部体温のコントロール

深部体温は、身体の内部の温度のことです。

日中に深部体温が上がらないと夜に向けて放熱するべき熱が無く、深部体温が下がらない=眠くならない。

深部体温を効率よく上げ、下がる状態をつくるために、就寝約1時間前の入浴がおすすめです。

38~40℃ほどのお湯に15~30分ほどゆっくり入ると深部体温が上昇します。

ゆっくり入浴する時間がないという方は、入浴剤を使うと短時間で深部体温を上昇させることができます。

美肌と健康のためによい睡眠をとりましょう。

E & Buy福島

福島県田村市【E & Buy[い~あん(ど)ばい]】おけいこ[プリザーブドフラワー・ハーバリウム・スキンケア・メイク・カラーコーディネイト・フェイシャル]教室&資格取得講座